トロ舟で犬のプールをつくったぜ

Posted by

暑いですねぇ。

この週末はアランをプール付きのドッグランにでも連れて行ってあげようと思ってたのですが、もはや暑すぎちゃってドッグランにも行ってられない、できれば屋外には出たくない、ということになりまして。

じゃぁ、家でアランを子供用のビニールプールにでも入れてやろうかなと思ったところ、前回穴が空いちゃってたし、空気入れるのめんどくさいし、ってことで。
かねてよりやろうと思っていたトロ舟でプールをつくってやることにしました。

で、思い立って、30分後に近所のホームセンター、コーナンProへ。
家の人のリクエストで栓を抜いて水が流せるようにしてくれ、とのことだったんだけど、そんなトロ舟は売ってません。
だったら、言われた通りに、やるしかない。
D.I.Y.でなんとかしようってことで。じゃあ、水栓を自分で加工して取り付けようということになりまして。

IMG_0471

 

こんな感じのトロ舟に穴をあけて、水栓をとりつけましょう、と。

トロ舟はこのサイズ(120cm×70cm×20cm)だと12,000円くらい。なかなか高い。

で、水栓がこんな感じで、ゴム栓と穴のパッキンがセットになって、裏表からボルトのように止めたら栓ができるやつが800円くらい。

IMG_0479-001

コーナンで店員のおっちゃんに相談にのってもらって、水栓のサイズをノギスで採寸してもらってちょうどぴったりのサイズの穴あけ用の工具を購入。これが800円くらい。

IMG_0476

 

店員のおっちゃんが言うには、プラスチックは最後の穴が空く瞬間に上手く力加減を調整しないとバキッと割れちゃうことがあるから気をつけや、とのことでした。

IMG_0477

ということで、穴あけは手動で丁寧にやろうと思い、こんな感じの手動ドリルでやってたんだけども、これがなかなか穴が空かないし、らちがあかない。

 

プラスチックが割れないように、どんどん行かずにゆっくりやろう、というDIY精神を、電動ドリルで一気にやったれ、というDIY精神に方向転換し、一気に穴あけ。

IMG_0480

綺麗に穴が空きました。トロ舟のプラスチックは強固だわ。

IMG_0481

が、ぴったりサイズの穴だったから、水栓のパイプ部分がギリギリ入らない。
で、このあと、シコシコと穴をカッターなんかでちょびっと広げて、ようやくバッチリ水栓がハマりました。

IMG_0482

 

最後に裏側からコーク剤を注入して水漏れを補強。

というわけで、プール完成!

やったね。

トロ舟プール#kooikerhondje

A video posted by Mochizuki (@mochizuki_y) on

blogviledge

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。